10 返信 最新の返信: Dec 26, 2017 11:20 PM by yas RSS

LiveOpticsについて

yas

Mitrendのサポート部門に問合せをしたところ、Mitrendが11/16でEOLになったので

LiveOptics使ってくださいとの依頼がありました。

 

リンクは下記です。

https://www.liveoptics.com/

.

(質問)

御社でLiveOpticsのマニュアルがあったらご提供いただけませんでしょうか?

XtremIO(重複排除+圧縮)、Unity(圧縮)のレポートの採取方法とレポートの作成方法が知りたいです。

  • 1. Re: LiveOpticsについて
    M-Itchy

    yasさん

     

    Live Opticsの利用方法はMitrendの時と同様、サイトにある手順をご参照いただくことになります。(Mitrendの時は手順資料(PDF)でした)

     

    データ削減率アセスにはSqueezeというツールをLive Opticsサイトからダウンロードし、MitrendのData Reduction Analyzer同様、対象ホストにツールをアップ → 実行 → 出力ファイルを分析という流れになります。

     

    以下、大まかな流れです。

    1. Squeezeツールを以下よりダウンロード(tar.gz形式です)
      https://app.liveoptics.com/tools/squeeze
      アカウントの作成が必要です。
      ※ Windowsホスト用、Linux/ESXホスト方があります。
    2. Squeezeをスキャン対象ホストにアップロード&解凍
    3. 対象デバイスに対してスキャン実行
      ) Linuxホストにて/dev/sdcに対してXtremIO X2を移行対象ストレージとして実行した場合の例
        # ./squeeze /dev/sdc -X2 -dedup x2.txt
    4. スキャンを実行したディレクトリにsqueeze_<hostname>_squeezeという名前のファイルが生成されますので、これをDell EMCに送付
    5. スキャンファイルを分析ツールにかけ、分析
      ※この部分はDell EMC側で行うことになっています。

     

    スキャンツールの実行オプションの詳細については以下オンラインヘルプをご参照下さい。

    https://support.liveoptics.com/hc/en-us/articles/115014339427-Download-and-run-the-Dell-EMC-Live-Optics-Squeeze-Utility

  • 2. Re: LiveOpticsについて
    yas

    アカウントを作成してログインしました。

    Toolsのメニュの中にSqueezeが見つかりませんでした。


    直接下記をブラウザに入力してもアクセスできません。

    https://app.liveoptics.com/tools/squeeze

     

    Toolsの画面を下記に添付します。

     

    私たちは御社のパートナーです。

    何か制限がかかっているということはありますでしょうか?LiveOptics.png

  • 3. Re: Re: LiveOpticsについて
    M-Itchy

    追記です。

     

    分析結果のアウトプットは、MitrendのData Reduction Analysisの時のようにPPT資料では出力されず、シンプルなテキストファイルでの出力になります。

     

    以下、出力サンプル(ファイルの中身)になります。

    ※ vSphere環境で2TBのVMFSデータストア(論理使用容量136GB程度)に対するアセス結果です。

    ※ ホストIDやボリュームNAA ID等は編集しています。

     

    --------------------------------------------------------(ここから)---------------------------------------------------------

     

    2017-11-21T06:02:27-00:00

    Squeeze : 2.4.0.445159

    Host    : testhost

    Domain  : domain.local

    OS      : VMware ESXi 6.0.0 build-5050593

    HostID  : xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

     

     

    --------------------------------------------------------------------------------------------

      Summary of all devices

    --------------------------------------------------------------------------------------------

    Collection started: 2017-11-21T04:15:18Z

    Collection ended:  2017-11-21T06:02:27Z

    Duration: 1 hours, 47 minutes, 9 seconds

    Number of devices: 1

    Total size of all devices:  2.00 TB

    Observed free space:            0 bytes

    Total Capacity Scanned:  2.00 TB (100.0%)

    Used Capacity Scanned:    2.00 TB

    Free Capacity Scanned:      0 bytes

    Used non-zero capacity before de-dup: 136.47 GB

    Est. used capacity after de-dup:      13.65 GB

    Ratio after de-dup: 10.00:1

    Est. thin (all zero) capacity:          1.87 TB

    Thin savings: 93.34% of used capacity

    Average reference count: 10.32

     

    Note: The simulated de-dup ratio predicted an overly efficient estimate and was adjusted to be more inline with conservative results.

     

    Est. used capacity after compression and de-dup:  8.79 GB

    Ratio after compression and de-dup: 15.53:1

     

     

    --------------------------------------------------------------------------------------------

      XtremIO-X2 Volume Details: /vmfs/devices/disks/naa.xxxxxxxxxxxxxxxxx

    --------------------------------------------------------------------------------------------

     

    Volume Size: 2.00 TB

    Collection started: 2017-11-21T04:15:18Z

    Collection ended: 2017-11-21T06:02:27Z

    Duration: 1 hours, 47 minutes, 9 seconds

     

    Block Device Summary (Not aware of filesystem)

     

    Bytes processed:    2.00 TB

    Bytes skipped:        0 bytes

     

     

    XtremIO-X2 De-dup analyis for /vmfs/devices/disks/naa.xxxxxxxxxxxxxxxx

    De-dup collisions:              8080811

    De-dup entries:                  862995

    Total non-zero bytes scanned: 136.47 GB

    Duplicated bytes scanned:    123.30 GB

    Unique data scanned:          13.17 GB

    All zero data scanned:          1.87 TB

    De-dup savings:  90.4%

    Est. de-dup ratio*: 10.36:1

    * (Does not include savings that would be realized from all-zero pages)

    --------------------------------------------------------------------------------------------

      XtremIO Compression X2 Volume Details: /vmfs/devices/disks/naa.xxxxxxxxxxxxxxxxx

    --------------------------------------------------------------------------------------------

    XtremIO Compression X2 results for volume: /vmfs/devices/disks/naa.xxxxxxxxxxxxxxxxx

    Scanned used bytes (not zero): 13.17 GB (compression deltas based on this total)

    Buckets on scanned blocks:

      1KB:  21.75 MB ( 0.3%)

      2KB:  58.90 MB ( 0.7%)

      3KB:  127.11 MB ( 1.5%)

      4KB:  203.90 MB ( 2.3%)

      5KB:  243.28 MB ( 2.8%)

      6KB:  292.11 MB ( 3.4%)

      7KB:  295.57 MB ( 3.4%)

      8KB:  279.24 MB ( 3.2%)

      9KB:  329.19 MB ( 3.8%)

      10KB:  411.62 MB ( 4.7%)

      11KB:  550.88 MB ( 6.3%)

      12KB:  646.08 MB ( 7.4%)

      13KB:  632.35 MB ( 7.3%)

      14KB:  568.79 MB ( 6.6%)

      15KB:  336.56 MB ( 3.9%)

      16KB:    3.60 GB (42.5%)

    Total compressed size of scanned data: 8.48 GB

    Scanned post compresion ratio:  1.55:1

    Scanned post compression savings: 35.60%

     

    --------------------------------------------------------(ここまで)---------------------------------------------------------

  • 4. Re: LiveOpticsについて
    Uehara Y.

    yasさん

     

    残念ながら11月14日に社内利用限定で作成されたドキュメントに「Squeeze is currently available for Dell EMC employees only.」という記載があるために、現時点ではパートナー様にも公開はされていないようです。

    (「現時点では(currently available for)」という記載があるために、将来的にはパートナー様にも公開予定であることがわかりますが、公開時期の情報はまだ出てきていません)

  • 5. Re: LiveOpticsについて
    yas

    ご回答頂きありがとうございました。

     

    御社のパートナー担当様に公開していただけるように交渉いたします。

  • 6. Re: LiveOpticsについて
    yas

    Squeezeとは別の話になります。

    LiveOpticsに関する質問なので、こちらに記載させていただきます。

     

    LiveOpticsのツール(LiveOpticsDotNet4_5.exe)の中にストレージの性能レポートを

    作成してもらえるサービスがあると認識しています。

     

    VMAXについて、BTPファイルとAPIファイルを用意してツールを実行したところ、

    下記のエラーが表示されました。

    LO Error.png

    アップロードには①コレクション、②SIOKITのアップロードのは2種類あります。

    両方ともに上記のエラーが表示されました。

     

    SIOKITファイルは作成できたので、WebのLiveOpticsでSIOKITのアップロードを実行したところ

    下記のエラーが表示されました。

     

    (質問)

    どのようにすればアップロードができるでしょうか?LO HP Error.png

  • 7. Re: LiveOpticsについて
    Uehara Y.

    yasさん

     

    作成された.iokitファイルのアップロードが、スクリーンショットを添付して頂いたLive Opticsポータルサイトからアップロードできないという問題であると認識していますが、以下スクリーンショットのようにLive Optics Collector(LiveOpticsDotNet4_5.exe)からアップロードしても同じエラーが出てしまうのでしょうか。

    capture-20171219-181437.png

    もしもそうだとすると、エラーメッセージの通りにファイルに問題があるのかもしれません。気になる点としては、現在まだGen3のVMAXシリーズには対応が出来ていない点くらいでしょうか。

    capture-20171219-143325.png

    あとは、時々あるパターンとして、使用言語を日本語ではなく英語にすると通るというようなこともあるかもしれません。

  • 8. Re: LiveOpticsについて
    yas

    使用言語を英語にしてLive Optics Collector(LiveOpticsDotNet4_5.exe)からアップロードしたところ

    下記のようにエラーしました。SIOKITはVMAXのデータで作成しています。

    SIOKITエラー.png

    御社でアップロード実績のあるSIOKITファイルを当方に頂くことは可能でしょうか?

  • 9. Re: LiveOpticsについて
    Uehara Y.

    yasさん

     

    アクセスできるVMAXがなかったので、私はUnityを使って.siokitファイル(約540M)を作成→アップロードしたのですが、そのファイルでも役に立つでしょうか。。

    もしも.siokitファイルで具体的に確認したい項目があれば、教えて頂ければこの場で回答することも出来ます(といってもそもそもファイル開けない気がしますが)。

     

    とはいえ、もしかすると何か問題が起きている可能性もあるので、

    https://support.liveoptics.com/hc/en-us/articles/115012592148-Performing-a-VMAX-Storage-Array-Profile

    に書いてある手順通りに行っても問題が再発するようであれば、以下のリンクからサービスリクエストを上げて.siokitファイルを確認してもらうということを視野に入れてもよさそうです。

     

    https://support.liveoptics.com/hc/en-us/requests/new

  • 10. Re: LiveOpticsについて
    yas

    社内のイントラネット環境でLiveOpticsのツールを使ってコレクション、SIOKITによるデータのアップロードで失敗することがわかりました。外部インターネットに接続できる環境ではLiveOpticsのツールを使ってコレクション、SIOKITによるデータのアップグレードができることが確認できました。VMAX、Unity、XtremIOの3機種を試してうまくいきました。

     

    ただし、外部インターネットに接続できる環境で、LiveOpticisのポータルサイトに接続して、そこからSIOKITでデータのアップロードをすると、「SIOKITファイルにエラーが含まれている」とエラーしてアップロードができません。(LiveOpticsのツールでアップロードしているファイルと同じなのでSIOKITファイルに問題があるとは思えません。)

    こちらについては修正をお願いしたいです。

     

    当面LiveOpticsツールでアップロードできるので、本件はクローズとさせてください。