DDVEアップグレード手順

■概要

DDVE (Data Domain Virtual Edition) のDDOSアップグレードはサポートされていませんので、ユーザ様自身にて実施いただく必要があります。

手順としてはハードウェアモデルでのDDOSアップグレード(EMCによるサポートあり)と変わりはなく、とても簡単に行えます。

現時点でDDVEはversion 2.0、3.0、3.1があり、DDOSとは以下のように対応しています。

 

DDVE 2.0 ⇒ DDOS 5.7 ※5.7.32.0、5.7.32.2のみDDVE対応

DDVE 3.0 ⇒ DDOS 6.0

DDVE 3.1 ⇒ DDOS 6.1

 

例えばDDVE 2.0 (5.7.32.0もしくは5.7.32.2)からDDVE 3.0にアップグレードしたい場合は、DDOS 6.0のRPMを使用することで自動的に3.0にアップすることができます。

 

■事前確認

ソフトウェアモジュール(RPMファイル)の入手やお使いのバックアップソフトウェア等との互換性等、その他詳しい考慮点は別のページにまとめられておりますのでこちらも参考にしてください。

 

Data Domain DDOSをアップグレードする際の考慮点

https://community.emc.com/thread/190322

 

Data Domain DDOSソフトウェア・モジュールのダウンロード方法について

https://community.emc.com/thread/225305

 

Data Domain Compatibility Guide 確認方法 (DDOS/DDBoost/バックアップソフト互換性ガイド)

https://community.emc.com/thread/225675

 

Data Domain DDOS rpmファイルのMD5ハッシュ値確認方法

https://community.emc.com/thread/225557

 

Data Domain DDOS アップグレード 作業見積もり時間 (precheck)

https://community.emc.com/thread/225555


■アップグレード実施例(GUI)

System Managerの、MAINTENANCE > System画面にて行います。


中段、一番左の「Upload Upgrade Package」より、事前に入手したRPMファイルをアップロードします。

Upload1.png


Upload2.png


アップロードされました。次に「Upgrade Precheck (プリチェック)」でアップグレードが行える状態かどうかの確認を始めます。

※アップグレード自体を開始しますと最初にプリチェックが実施されますので、プリチェックのみの実施は必ずしも行う必要はございません。

Precheck1.png

 

プリチェックが完了し、アップグレードを行っても問題無い場合は、以下のような画面が表示されます。

何かエラーが出た場合は、サポートまでお問い合わせください。

Precheck2.png

 

アップグレードを開始します。対象RPMファイルを選択の上、「Perform System Upgrade」をクリックします。

PerformUP.png

 

以下の画面で「OK」をクリックすると開始されます。

Upgrade2.png

 

実行中…途中で再起動が入ります。

Upgrade3.png

 

そのうちに、右下に「Log In」ボタンが現れます。

再起動後に、再度ログインする必要があります。

Upgrade4.png

 

※5.7と6.0では、GUIに違いがあります。

ログイン画面が白くなり、アップグレードされたことがわかります。

(5.7では青い模様が入ってます)

Login.png

 

再ログイン後、DDOS、DDVE version共にアップグレードされたことを確認できました!

Upgraded.png

 

Avamar連携の環境でAVEもアップグレードを行う場合は、以下のページもご覧ください。

Avamar Virtual Edition (AVE)はユーザでもアップグレード可能との事ですが、どのようにアップグレードするのでしょう?

 

DDVEでも、DDOSアップグレード手順はDDVEのガイドではなく、DDOS毎のAdministration Guide、Command Referenceに記載されていますのでご留意ください。