RecoverPoint for Virtual Machines:RP4VMsのログを収集する方法 (000323209)

製品:

RecoverPoint for Virtual Machines (RP4VMs)

 

説明:

RecoverPoint for Virtual Machinesの調査に必要なログと収集方法。

 

解決策:

※本情報はKB323209-RecoverPoint for Virtual Machines: How to collect logs for RP for Virtual Machines. バージョン4(2017年7月7日公開)の日本語訳です。最新の情報に関してはhttps://support.emc.com/kb/323209を参照してください。

 

RecoverPoint for Virtual Machinesの問題を調査するためにはどのようなログを収集する必要があるのですか?

 

RecoverPoint for Virtual Machinesの問題では、RPAログ、ESXホストのログ、vCenterログを収集します。RPAログを収集する手順は、次のとおりです。

 

  • これらは、VMwareのログを収集するための記事のリンクです。

 

    • Web ClientからのESXログとvCenterログの収集:KB 2032892

 

    • vSphereクライアントからのESXログとvCenterログの収集:KB 653

 

- 通常はvCenterとESXiに関するパフォーマンスデータは必要ありません

- デフォルトのログ収集設定を利用して、どのボックスのチェックも外さないでください

- プラグインの問題に関してはRPのログ収集と共にこれらのログ収集も必要となります

 

RP4VMのケースをエスカレーションする為に必要とされる重要なファイル/ディレクトリは以下の通り:

- /ProgramData/VMware/vCenterServer/logs/vsphere-client/logs/

- /ProgramData/VMware/vCenterServer/logs/vmware-vpx/

- /ProgramData/VMware/vCenterServer/logs/eam/

 

どのホスト達からログを取得するべきか:

- vRPAを動かしているESXホスト全て

- 問題となっているコンシステンシーグループ(CGs)を利用している仮想マシンを動かしているESXホスト全て

- 制御することが出来なくなっている問題のあるESXホスト全て

 

RP4VMのケースをエスカレーションする為に必要とされる重要なファイル/ディレクトリは以下の通り:

- /scratch/log

- /var/run/log

- /vmfs/volumes/

 

大規模な環境の場合は、vCenterログに加えて、各サイトで2つのESXホストのログを収集します(vRPAを実行するホストを含む)。

 

  • RecoverPointアプライアンス:

 

1. ユーザーを「boxmgmt」として、SSHを使用してRPAにログインします。これにより、自動的にMain Menuが起動します。サイト コントロール アドレスには接続しないでください。

 

2. [[3] Diagnostics]を選択します

 

3. [[4] Collect system info]を選択します

 

4. 開始日、開始時刻、終了日、終了時刻を入力します(デフォルトでは、これらの時刻はGMTです)

 

5. すべてのログを、ローカル クラスタの1つのtarに統合する場合は、[y]を選択します(デフォルトは「Yes」)

 

6. ログを自動的にftpサイトにアップロードする場合は、[y]を選択します

 

1. FTPサイト名、ポート番号、ユーザー名、場所、ログの名前、およびパスワードを入力します。

2. [n](いいえ)を選択して続行します(後でFTPにアップロードします)

 

7. コアファイルを収集するかどうか質問された場合は、[n]を選択します

 

8. [1] Collect logs from RPA onlyを選択します

 

9. ログ収集に含めるクラスタを選択します(デフォルトはすべて)

 

 

取得したURLで、ログをダウンロードできます。管理者レベル(admin)のユーザーとしてログインします。webdownloadは機能しません。RP4VM 5.xをご利用の場合にはログのダウンロードには「boxmgmt」ユーザを使用してください。

 

 

【参考】ログ収集の実行例:

 

** Main Menu **

[1] Installation

[2] Setup

[3] Diagnostics

[4] Cluster operations

[5] Shutdown / Reboot operations

[Q] Quit

MercuryS1_VL5 RPA 2: 3

 

** Diagnostics **

[1] IP diagnostics

[2] SAN diagnostics

[3] Synchronization diagnostics

[4] Collect system information

[5] Run internal command

[M] Main Menu

[B] Back

[Q] Quit

MercuryS1_VL5 RPA 2: 4

02/27/2015

GMT right now is: 02/27/2015 16:48:11

Enter the date from which to start collecting information (MM/dd/yyyy) (Default '02/27/2015'):

Enter the time from which to start collecting information (HH:mm:ss) (Default '12:48:11'):

Enter the date at which to stop collecting information (MM/dd/yyyy) (Default '02/27/2015'):

Enter the time at which to stop collecting information (HH:mm:ss) (Default '16:48:11'):

Do you want to unite all logs to one tar on local cluster (Default 'y') (y/n)? y

Do you want to copy the output file to a remote FTP server (y/n)? n

Do you want to include core files in the collection process (y/n)? n

1. Collect system information from RPAs only

2. Collect system information from splitters only

3. Collect system information from RPAs and splitters

Select the system information that you want to include in the collection process (1 to 3): 1

 

1. MercuryS1_VL5

2. VL5S2

Select the clusters you want to include in the RPA log collection process (separate by commas, default - all clusters) (1 to 2):

 

System component connectivity status

|-------------------------------------------|

| Source | Cluster       | Result           |

|--------|---------------|------------------|

| RPA 1  | MercuryS1_VL5 | Action succeeded |

| RPA 2  | MercuryS1_VL5 | Action succeeded |

| RPA 1  | VL5S2         | Action succeeded |

| RPA 2  | VL5S2         | Action succeeded |

|--------|---------------|------------------|

 

System component collection results

|-------------------------------------------|

| Source | Cluster       | Result           |

|--------|---------------|------------------|

| RPA 1  | MercuryS1_VL5 | Action succeeded |

| RPA 2  | MercuryS1_VL5 | Action succeeded |

| RPA 1  | VL5S2         | Action succeeded |

| RPA 2  | VL5S2         | Action succeeded |

|--------|---------------|------------------|

The specified system information has been successfully collected. Browse to the following links and log in as a user with webdownload privileges to retrieve the output file:

|---------------------------------------------|

| cluster       | URL                         |

|---------------|-----------------------------|

| MercuryS1_VL5 | https://10.2X1.1X5.1X6/info |

|---------------|-----------------------------|