一般的なNetWorker「NDMPクライアント」チェックリスト

環境:

NetWorker

 

説明:

NetWorker NDMPクライアント チェックリスト

NDMPの不適切な構成の可能性

NASアプライアンスとの互換性の問題

 

解決方法:

このチェックリストを使用すると、NetWorker NDMPクライアント構成の問題を解決するために役立ちます。

 

クライアント名:

  1. NDMPクライアントの名前は、HOSTsファイルまたはDNSを介してNetWorkerサーバにより、またはNASアプライアンスにより、解決できる必要があります
  2. クライアントのホスト名を解決するためのIPアドレスは、NetWorkerサーバおよびNASと一致する必要があり、NASとNetWorkerサーバの両方でホスト名がどの名前に解決されるかを、pingを使用してテストします
  3. NetWorkerサーバのホスト名は、自身で、およびNASアプライアンスにより解決できる必要があります

 

NDMPテープ デバイス:

 

  1. 多重化はNDMPプロトコルではサポートされないので、NDMPテープ ドライブでは、「target sessions=1」と「max sessions=1」が構成される必要があります。ただし、NDMP-DSAでは、データがNetWorkerストレージ ノード(NAS接続ではない)を通じてテープ ドライブに書き込まれるので、多重化をサポートします
  2. NetWorker CDIは、NAS接続のNDMPネイティブ テープ ドライブではサポートされず、自動的に無効になります
  3. EMC Celerra/VNXで使用される場合、NDMPテープ ドライブのブロック長は、NASアプライアンスのパラメーター(bufsz)と一致する必要があり、パラメーター(readWriteBlockSizeInKB)はこの半分の値に構成される必要があります

 

例:

NetWorker NDMPテープ ドライブのブロック サイズ = 256 KB

Celerra/VNX:bufsz = 256 KB

Celerra/VNX:RWSzINkb=128 KB

 

 

アプリケーション情報(NDMP環境変数):

 

注:履歴ファイルが作成されることを確認します。DAR(DAR:Direct Access Recovery)用に必要になります。

 

注:DARリカバリ用に、HISTを有効にする必要があります。

 

注:DARリカバリ用に、HISTを有効にする必要があります。

 

注:NDMPサーバは、アーカイブ内のファイルの場所に直接アクセスして、単一ファイルをリカバリできます。機能するためには、HISTを有効にする必要があります。

 

注:NDMPサーバを、アーカイブ内のファイルの場所に直接アクセスできるようにします。機能するためには、HISTを有効にする必要があります。

 

オプション=

 

NT = NT属性を保存する(Celerraのtarとdumpでは、デフォルト値はyes)

 

LK = シンボリック リンクに従う

 

AT = アクセス時間をアーカイブ モードで保存する

 

MI/MD/MMでは、リストア中のローカリゼーションに対する競合ポリシーを設定します。

 

 

バックアップ コマンド:

基本的な使用方法

 

「バックアップ タイプ」は、(tar、dump、vbb)のいずれかを使用可能

 

    1. VBBは、EMC Celerra/VNXのみのオプションです
    2. -Mは、NASからそれに接続されたテープ デバイスに書き込まれるのではなく、NetWorkerストレージ ノード経由でストレージ メディアに書き込まれるバックアップ データの、DSAバックアップを有効にするために指定されます

 

注:「nsrdmp_save」コマンドを使用する際に指定可能な、さまざまな追加オプションがあります。詳細については、「EMC NetWorker Command  Reference Guide」を参照してください。

 

Celerra / VNX専用:

 

注:Celerra管理スナップショットを使用したバックアップを可能にするために使用されます。空きディスク領域が使用可能な場合、パフォーマンスを高めるために推奨されます。

 

注:プライマリ ストレージからのスタブ ファイルのポインターに加えて、セカンダリ ストレージ上のデータをバックアップ可能にするために使用されます (デフォルト値はNo)。

 

/<有効なディレクトリ パターン>

注:nnは01~50のASCII番号であり、変数の合計数の把握に役立ちます。デフォルトでは、ディレクトリ フィルタリングのNDMPバックアップ セッションごとに、5個の変数エントリーが許可されます。

 

追加の注意事項:VBB(ボリューム ベース バックアップ)タイプのバックアップには適用されません。それは、これらのバックアップはファイル レベルではなくブロック レベルで実行されるためです。

 

<有効なファイル パターン>

注:nnは01~50のASCII番号であり、変数の合計数の把握に役立ちます。デフォルトでは、ファイル フィルタリングのNDMPバックアップ セッションごとに、5個の変数エントリーが許可されます。

 

追加の注意事項:VBB(ボリューム ベース バックアップ)タイプのバックアップには適用されません。それは、これらのバックアップはファイル レベルではなくブロック レベルで実行されるためです。

 

 

Isilion専用:

 

注:他のプラットフォームのHIST = yと同じであり、Isilon専用のオプションです。

 

<バックアップするファイル システムのパターン>

注:SAVESETフィールドと混同しないでください。上記のNDMP環境変数は、バックアップするファイル システム用のフィルターです。

 

<スペースで区切られたパターンのリスト>

注:バックアップするファイル パターンのリストであり、それぞれのパターンはスペースで区切られています。「FILES=」と最初のパターンの間にスペースがあることに注意してください。

 

注:「FILES= 」を使用してパターンをフィルター処理する際に、ディレクトリ名のみを一致させるには、このオプションを有効にします。

 

Isilon固有のスナップショット制御:

 

注:バックアップ用のスナップショットを作成する場所

 

注:バックアップに使用する既存のスナップショットの名前

 

注:スナップショットの最大期間

 

注:正常なバックアップ後の有効期限

 

注:失敗したバックアップ後の有効期限

 

注:バックアップ用のスナップショットを作成しないことを、明示的にNDMPに指示

 

注:

 

1) クラスタにライセンスされたSnapshot IQが必要になります

 

2) NDMPでは、NetWorkerのディレクティブはサポートされません。クライアントに設定されたディレクティブは無視されます([General]タブ > [Backup] > [Directive])

 

3) EMC Celerra/VNXは、除外を実行するために使用するNDMP環境変数「EMC_EDIR01」をサポートします

 

詳細については以下の参考資料を参照してください。

 

参照資料:

EMC Celerra Network Serverリリース

CelerraのNDMPバックアップの構成

VNXのNDMPバックアップの構成

DELL EMCナレッジベース記事462134