ESRS導入希望リクエストの流れ

ESRSを導入したいが、結局どういったものがあってどうしたらいいの?という質問要望に応えるためのコンテンツを用意しました。

そもそもESRSって何?という方はこちらの資料をご参考ください。

 

2015年1月現在 ESRSは下記の種類があり、それぞれの特徴(メリット・デメリット)があります。

 

ESRS種類概要メリットデメリット
ESRS Gateway Client (ESRS V2)

IP ネットワークを基盤とした安全で信頼性の高いEMC機器のリモート・サポート

詳しくはこちらの資料をご参考

EMCの製品大半のリモートサポート環境の提供が可能

HA構成(冗長構成)が可能

サーバ、OSはお客様にて用意が必要

VNX Block only もしくは CLARiXのモニターには別途ESRS IP Client for VNX用にサーバが必要

ESRS V3がリリースされているため、サポートするOS等の更新は期待できない

VM上の仮想OSに導入した場合VMOTIONでのバックアップリストアができない。

ESRS Virtual Edition (ESRS V3)

ESRS V2の仮想環境版 VMware ESX 2.5.2 以上もしくはHyper V上にESRSの機能がバンドルされているOVFをインストール

VMOTION可能 3.08ではVmotionサポートされなくなっています

ESRS V2と同様だが、OSをお客様で用意いただく必要が無い

ESX もしくはHyper Vの環境が必要

VNX1の Block only もしくは CLARiXのモニターには別途ESRS IP Client for VNX用にサーバが必要

仮想環境がEMC製品下で構築される場合はサポートされていない。※動作はしますが、該当機器がDownしてしまうとサポートが受けられないリスクがある為。

ESRS IP Client for VNXVNX(CLARiXも可)用の比較的低スペックで動作するESRSVNX1 (Block) やCLARiXのみの利用であれば低スペックのサーバで構築が可能

該当製品以外は対応不可

サーバ、OSはお客様にて用意が必要

HA構成は不可

ESRS Device Client

VNX1  FILE OE 7.1.56.5以後及びVNX2、VNXe1,VNXe2であれば、機器単体でESRSの機能を兼ね備える事が可能

Block OnlyのVNXの場合はVNXGen1は OE0.5.32.000.5.215以後

VNXGen2は OE05.33.000.5.072以後

ESRS用にサーバが不要

機器がダウンした場合、リモート接続も不可CodeUpgradeの際にはESRS経由での実施が不可(将来修正される可能性あり)である為、Remote Upgrade作業の際にはWebex等で接続できる環境が必要となる(※Block OnlyのDevice client on SPはESRS経由で可能)

該当製品以外は対応不可

装置単体しか監視不可のため、追加の装置を導入するたびにESRSの構成が必要。

Policy ManagerEMC のリモートサポートエンジニアがお客様製品にリモートアクセスする依頼に対して許可・拒否を行いたい場合や、監査Logを取得管理されたい場合のソリューション

監査ログ取得が可能

アクセス制限の設定が可能

Policy Managerがダウンしている場合、リモート接続不可

アクセス制限の設定によりEMCリモートサポートエンジニアからのリクエストに都度お客様自身で許可・拒否のオペレーションが必要で、許可が出ないとリモート調査ができず対応が遅れる場合がある。

ESRS用Serverとは別にサーバが必要

 

2015/1時点でそれぞれのサポートOS ※最新版はRelease Notesを参照ください

ESRS種類サポートOS必要スペック
ESRS Gateway Client (ESRS V2)

※Release 2.28より

US English版の下記OS

• Windows Server 2003 R1, 32-bit or 64-bit, SP1, SP2 or SP3

• Windows Server 2003 R2, 32-bit or 64-bit, SP1, SP2 or SP3

• Windows Server 2008 R1, 6.0, 32-bit or 64-bit, IIS 7.0, SP1 or SP2 (IIS 6

Compatibility)

• Windows Server 2008 R1, 6.0, 32-bit or 64-bit, IIS 7.0, SP1 or SP2 w/ IIS 7.5

FTP Add-in

• Windows Server 2008 Enterprise R1, 6.0, 32-bit or 64-bit, IIS 7.0, SP1 or

SP2 (IIS 6 Compatibility)

• Windows Server 2008 Datacenter R1, 6.0, 32-bit or 64-bit, IIS 7.0, SP1 or

SP2 (IIS 6 Compatibility)

• Windows Server 2008 R2, 6.1, 64-bit only, IIS 7.0/7.5, SP1 or SP2

• Windows Server 2008 R2 Enterprise 64-bit IIS 7.0/7.5, SP1 or SP2

• Windows Server 2008 R2 Datacenter 64-bit IIS 7.0/7.5, SP1 or SP2

• Windows Server 2012 R1 Foundation 64-bit IIS 8.0

• Windows Server 2012 R1 Standard 64-bit IIS 8.0

• Red Hat Enterprise Linux 6.2 (32-bit)

• CentOS release 6.4, 32-bit

日本語OSはWindows 2008 R1 and R2)にMultilingual User Interface Language Packs を入れ、システムメニューを英語に変更すること

2.1 GHz processor or better

◆ RAM: Minimum 2 GB of RAM. (If the Gateway Client and Policy

Manager are on the same server, the minimum RAM is 3 GB.)

◆ Free disk space: 2 GB

Note: Microsoft .NET Framework Version 2.0 with SP1 or greater is required

if you are using the Customer Environment Check Tool (CECT) to validate

that the PM server is setup correctly to install the PM software. Microsoft

.NET Framework 4.0 is not compatible at this time.

ESRS Virtual Edition (ESRS V3)

VMware ESX 5.0 or above or Windows Hyper-V
environment on Windows 2008R2 or Windows 2012

ESRS VE VM created on an ESX Server should support the following minimum configuration:

CPU —Two virtual CPU 2.2 GHz or higher,

64-bit Memory — 4 GB Memory or higher

Free Disk Space — 64 GB minimum

Browser — Internet Explorer 9/10, or Google Chrome

installed Free Memory—Minimum 1 GB of RAM, preferred 2 GB of RAM

Network — Servers are attached to network

Comm — Minimum single 10/100 Ethernet adapter (may require dual 10/100 Ethernet depending on customer network configuration and environment), preferred Gigabit Ethernet adapters, optional additional NIC for data backups

ESRS IP Client for VNX

※Release Version 1.2.25.1.0156 及び Serviceability for VNX OE for Block 5.33.000.5.015

VNX OE for File 8.1.0.15

Unisphere 1.3.0.1.0015

 (1.3.3.1.0072が最新版ですが、リリースノート確認中)

 

• Windows XP Professional with SP3 (32-bit)

• Windows Server 2003 with SP2 (32-bit and 64-bit)

• Windows Server 2003 R2 with SP2 (32-bit and 64-bit)

• Windows Server 2008 with SP2 (32-bit and 64-bit)

• Windows Vista with SP2 (32-bit and 64-bit)

• VMware ESX 3.5, 3.0, 3i and above (with above guest OS)

• Microsoft Hyper-V Guest OS Windows Server 2003 with SP2 (32-bit and 64-bit)

• Windows 7

• Windows Server 2008 R2

※日本語OSは基本的には正式にサポートされる、しないの言及はされていない様ですが動作はします。

※Windows 8はサポート外です

※JREについて下記の通り制限があるので注意

ESRS IP Client is fully compatible with JRE 1.6.21 or newer.

EMC suggests that you use JRE 1.6.026 because earlier versions of the JRE have performance and security issues. Optimally other JREs should be uninstalled, and only one JRE should be installed on the station running the ESRS IP Client Suite. JRE version 1.7 is not supported.

JRE revision 6.0 update 29 or later for 32-bit

system.

Note: JRE for 32-bit system is also required for 64-bit

Windows

• 1 GB of hard drive space

• 2048 MB RAM

• 1.0 GHz CPU

• Minimum screen resolution of 1024 x 768 and 256 colors

with small fonts

Policy Manager

US English版の下記OS

Windows XP, SP2 or later

Windows Vista

Windows 7

Windows 8

Windows Server 2003 R1, 32-bit or 64-bit, SP1, SP2 or SP3

Windows Server 2003 R2, 32-bit or 64-bit, SP1, SP2 or SP3

Note: Support for Policy Manager onWindows Server 2003 will be

deprecated in the near future.

Windows Server 2008 R1, 6.0, 32-bit or 64-bit, SP1 or SP2

Windows Server 2008 R1, 6.0, 32-bit or 64-bit, SP1 or SP2

Windows Server 2008 R2, 6.1, 64-bit only, SP1 or SP2

Windows Server 2012 R1 Foundation 64-bit IIS 8.0

Windows Server 2012 R1 Standard 64-bit IIS 8.0

Redhat 6.4 (32-bit and 64-bit)

CentOS 6.4 (32-bit and 64-bit)

SUSE Linux Enterprise 11 SP2 (64-bit)

※日本語OSはWindows 2008 R1 and R2)にMultilingual User Interface Language Packs を入れ、システムメニューを英語に変更すること

2.1 GHz processor or better

◆ RAM: Minimum 2 GB of RAM. (If the Gateway Client and Policy

Manager are on the same server, the minimum RAM is 3 GB.)

◆ Free disk space: 2 GB

Note: Microsoft .NET Framework Version 2.0 with SP1 or greater is required

if you are using the Customer Environment Check Tool (CECT) to validate

that the PM server is setup correctly to install the PM software. Microsoft

.NET Framework 4.0 is not compatible at this time.

 

【Step1】

上記のどのタイプのESRSを導入されたいかを決めます

 

【Step2】

Policy Manager (Optional)の導入必要可否を決めます


Policy ManagerはESRSとは別にサーバを用意いただき、EMC のリモートサポートエンジニアがお客様製品にリモートアクセスする依頼に対して許可・拒否を行いたい場合や、監査Logを取得管理されたい場合のソリューションです。

Policy Managerを導入される場合は、導入後お客様自身で監視、許可・拒否のオペレーションが必要となります。(※設定により監査Logの管理だけの利用も可能です)

参考:https://support.emc.com/docu41202_Secure_Remote_Support_Policy_Manager運用ガイド.pdf?

 

【Step3】

ESRS用の環境を準備する(サーバ(OS含む)、仮想環境、Device Client等)

サポートされているOS、機器については下記Support.emc.comから Site Planning Guideの最新版を確認ください。

https://support.emc.com/search/?text=ESRS Site Planning Guide

 

【Step4】

ESRS用のサーバ及び該当機器(Device Clientの場合)から外部ネットワークにTCP Port 443と8443のOutboundをOpenする

 

【Step5】

ESRS Gateway Client (ESRS V2, ESRS V3)及びESRS IP Client for VNXからデプロイ(リモートモニタをしたい機器)先のネットワークポート要件に沿ったネットワーク環境を用意する。

Policy Managerの導入の場合も要件に沿ったネットワーク環境が必要となります。

 

各機器のPort RequirementはSupport.emc.comから Site Planning Guideの最新版を確認ください。

 

最新のSite Planning GuideのPort requirements のページを参照ください

 

【Step6】 ※導入するタイプにより異なります。

ESRS V2の場合

下記アプリケーションのインストール・確認

①IIS (FTP, SMTP)サービスのインストール

     –Server Manager - Roles から Add Roles をクリック

     IIS Management Scripts and Tools

     IIS 6 Management Compatibility

     IIS 6 Metabase Compatibility

     IIS 6 WMI Compatibility

     IIS 6 Scripting Tools

     IIS 6 Management Console

     FTP server

 

     –Server Manager - Features から Add Features

     SMTP server

     Telnet Client

 

②Microsoft .NET Framework 2.0 SP1以降 (2.0,3.0,3.5のいずれか。4.0は未対応)

–OSに付属する標準の.NET Framework が2.0,3.0,3.5のいずれかである事を確認して下さい

•Microsoft Visual C++ 2005 SP1 Runtime Library

※OSに付属する標準のRuntimeをお使い下さい

 

③FTPユーザー作成

Server Manager – Configuration – Local Users and Groups – Users を右クリックで New user を選択

 

--OnAlert--

User Name     : OnAlert

Password     : EMCCONNECT

Confirm Password : EMCCONNECT

  Account Password ポリシーは以下の2つのみチェック   

     User cannot change password   

     Passowrd never expires

 

–-ESRSConfig--

User Name             : ESRSConfig

Password                : esrsconfig

Confirm Password : esrsconfig

  Account Password ポリシーは以下の2つのみチェック   

     User cannot change password   

     Passowrd never expires

 

④ ESRS_Customer_Environment_Check_Tool(以下CECT)をインストール

ダウンロード先は こちら

のProduct Toolからダウンロード可能です

 

2015/1現在の最新版はこちら

Windows用

Linux用

 

⑤CECTを実行

実行方法は

こちらを参考ください

 

⑥Pre-Site Checklistを記載

チェックリストのダウンロードはこちらから検索

記載方法はこちらを参考

 

ESRS V3の場合

 

こちらからモジュールのダウンロード

②下記情報を準備

【ESRS Server設定用】

Host Name

Domain name

IP Address

Subnet Mask

Default Gateway

DNS Server Name/ IP address

Mail Server Name/IP address (SMTP)

Proxy Server IP Address(あれば)

 

【Primary Contactとなる方の情報】

Name

Company

Email

Phone

 

③事前設定準備

こちら を参考にダウンロードしたモジュールをESXにインストールし、事前設定を実施

※Hyper Vの場合はこちらを参考ください

 

④CECTの実行

こちらを参考に、CECTを実行

 

⑤Pre-Site Checklistを記載

チェックリストのダウンロードはこちらから検索

 

ESRS IP Client For VNXの場合


①IP Clientサーバになる下記情報を準備

Host Name

Domain name

IP Address

Subnet Mask

Default Gateway

DNS Server Name/ IP address

Mail Server Name/IP address (SMTP)

Proxy Server IP Address(あれば)

 

② ESRS_Customer_Environment_Check_Tool(以下CECT)をインストール

ダウンロード先は こちら

のProduct Toolからダウンロード可能です

 

2015/1現在の最新版はこちら

Windows用

Linux用

 

③CECTを実行

実行方法は

こちらを参考ください

 

④Pre-Site Checklistを記載

チェックリストのダウンロードはこちらから検索

記載方法はこちらを参考

 

ESRS on Device Client for VNX CSの場合


①Control Stationの下記情報を準備

Host Name

Domain name

IP Address

Subnet Mask

Default Gateway

DNS Server Name/ IP address

Mail Server Name/IP address (SMTP)

Proxy Server IP Address(あれば)

 

② ESRS_Customer_Environment_Check_Tool(以下CECT)をインストール

ダウンロード先は こちら

のProduct Toolからダウンロード可能です

 

2015/1現在の最新版はこちら

Windows用

Linux用

 

③CECTを実行

実行方法は

こちらを参考ください

 

④Pre-Site Checklistを記載

チェックリストのダウンロードはこちらから検索

記載方法はこちらを参考

 

 

【Step7】

EMC Support担当者に下記情報をお知らせ

EMC製品の障害受付とご利用上の技術的お問い合わせ

・導入ESRSタイプ

・Policy Manager有無

・CECTの実行結果

・Pre-Site Checklist

チェックリストのダウンロードはこちら

・導入希望日時 (導入作業をWebex経由で行う場合 ESRS用Server及びPolicyManager用Server、ESRS V3の場合Vsphereにアクセスできる端末からセッションに参加頂く必要がございます)

 

【デバイス追加時の注意点】

VNX Block Onlyの監視設定(通報)設定はManagement Portに接続をして設定する必要があります。

詳細:https://emc--c.na5.visual.force.com/apex/KB_BreakFix_1?id=kA1700000001Dqu

ESRSリモート接続によるアラート通知設定はできません。従って、現地でのオンサイト作業もしくはWebexでの作業が必要となります。