ウィザードによるホスト接続性確認方法

2016年7月現在、e-labページのレイアウトが本記事が書かれた時から大幅に変わっているために、現在のe-labページに対応した以下リンク先の情報をご利用下さい。

 

【はじめてのEMC】 E-LAB INTEROPERABILITY NAVIGATOR

E-Lab Interoperability Navigator の Advanced Queries の使い方


-----------------------------------------------



製品:

EMC Storage(Clariion, Celerra NS, Symmetrix, VNX)

 

説明:

E-Labにて接続性確認が行われた構成をInteroperability Navigator ウィザードにより確認する方法の説明。

 

解決策:

※以下例ではVNX seriesを例にホスト接続性確認方法の紹介を行っています。

 

1. 「e-Lab Interoperability Navigator」サイトに行く。(「e-Lab Interoperability Navigator」サイトへの行き方はこちらから)

 

 

2. “Solutions and Wizards” タブをクリック

2_Solutions.png

 

 

3. “Storage Array Wizard” 、"Storage Array"、 "Topology" を選択
3_Storage.png  3_Storage_2.png   3_Storage_3.png

   


4. “Manufacturer”、“Model” の順にOS、Host model名とHBA 型番を選択。(ドラッグ、ShiftCtrlで複数選択可能。)

4_Step_3.png

   

 

6. 右側の “Get Results >>”、そして、”Combined Results” click すると、Support Matrix の抜粋版のWindow が開くので、

 例えば、”Base Connectivity” Click して、”Base Connectivity” を確認。

5_Result.png 6_Connectivity.png 7_Base.png