• 【はじめてのEMC】 PE Portal 2.0 (EMCビジネスパートナー様向け、要登録)

     「PE Portal 2.0」は、EMC ビジネス パートナーとしてご契約中のパートナー様専用サイトです。  登録対象はプラチナ、ゴールド、シルバーおよびディストリビュータ、オーソライズド リセラーのパートナー様となります。  PE Portal 2.0では、EMC ビジネス パートナー様のみにご提供可能な各種資料や情報等を掲載しています。    【アクセスに必要なもの】 EMCアカウント(旧Powerl...
    JPN_PE_Portal
    last modified by JPN_PE_Portal
  • ホストのUnisphere接続ステータスの表示が、「ホスト エージェントが接続不能」、または「接続が手動で登録済み」になっている

    製品: VNXシリーズ、CLARiXシリーズ   説明: Unisphereがラベル「U」を示すホストを検出し、これはホスト エージェントが接続できないことを示しています。   解決策: この問題を解決するには、次のステップに従います。   1. agentID.txt(IDが大文字であることに注意)が24866に従って構成されていることを確認 2. Agent.configが6791に従って構...
  • CLARiXのVault領域の説明とVault領域の動作

    Vaultの内容   Boot Partition:1つのディスク上に確保された空間は、SPのオペレーティングシステムを保持する別のディスク上にミラー化されます。 各SPは、電源投入時またはリセット時に、Boot Partitionの1つから、そのオペレーティングシステムをロードします。   プライマリブートディスク:特定のSP用のミラー化されたブート·ペア。SP Aの場合ディスク0_0_0。SP...
  • SnapView/Cloneのパフォーマンス考察(CLARiX)

    製品: CLARiX CX-3   説明: SnapView/Cloneの同期性能考察   解決策: SnapView/Cloneの同期に関しては、以下2つに分けて考える必要があります。   1)初期同期・・・Cloneを追加した時に発生する同期(Initial Sync) 2)差分同期・・・Clone運用時の同期(Forward Sync)   また、それぞれ同期レートとし...
  • サマリーのUnisphere GUIで使用済み容量を計算する方法

    製品: CLARiX   説明: サマリーのUnisphere GUIで使用済み容量を計算する方法   解決策 スペースを計算するには、データ ドライブとホットスペアをまとめて追加して、使用済みの物理容量が分かるようにします。 詳細については、EMCナレッジベースの記事emc321885を参照してください。     このドキュメントは、EMCサポートコミュニティで作成され...
  • CLARiXのイニシエーターでのグループ予約の競合

    製品: CLARiX CX、CX3、CX4シリーズ、VMware   説明: TDD              992a36c0 Group Reservation Conflict for Initiator   予約の競合とは、別のイニシエーターにより独自のアクセス用にL...
  • 7152835b Cannot synchronize a group containing one or more permanently fractured members

    製品: CLARiX   説明: 7152835b:Cannot synchronize a group containing one or more permanently fractured members   解決策 ミラーをCGから強制的に削除します。    [Consistency Group]ウィンドウからadmin fracturing状態(チェックボックス)...
  • CLARiXアレイに接続されているLinuxサーバーで「df -k」コマンドを実行すると、/bootのマウントが2回表示されます(/dev/sdg1および/dev/emcpowera1)

    製品: CLARiXシリーズ   説明: CLARiXアレイに接続されているLinuxサーバーで「df -k」コマンドを実行すると、/bootのマウントが2回表示されます(/dev/sdg1および/dev/emcpowera1)。 /bootのマウントが2回表示されます。   PowerPath 5.5がインストールされています。   [root@host ~]# df -k Filesy...
  • CLARiX CX4/VNXアレイのストレージ システム構成レポートを生成する方法

    製品:   VNXシリーズ CLARiX CX4シリーズ   説明:   CLARiX CX4/VNXアレイのストレージ システム構成レポートを生成する方法 解決策:   USM(Unisphere Service Manager)を使用してストレージ システム構成レポートを生成するには、次のステップに従います。     ...
  • CLARiX CX4シリーズ アレイでの3 TBのSASドライブのサポート

    製品:        CLARiX   説明:        CLARiX CX4シリーズ アレイでの3 TBのSASドライブのサポート   解決策:         EMCでは、CX4シリーズに3 TBの新しいSASディスク ドライブを導入し...
  • エンクロージャを意図的に取り外した後に、Navisphereの障害をクリアする方法

    製品:   CLARiX   説明:   ゴースト エンクロージャが報告された場合に、Unisphere/Navisphere Managerから見つからないエンクロージャの障害をクリアします。   解決策:        最も安全な手順は、アレイ全体を再起動することです。  一度に1つずつSPを再起動しても、障害を取り除...
  • CLARiX CX4シリーズのPower Calculator

    説明:   CLARiX Power Calculatorの説明は後述参照。   解決策:   EMC Power Calculatorは、現在および多くの前世代のEMCストレージ プラットフォームの特定の構成に対して、電力消費量と冷却要件を計算するオンライン ユーティリティです。 ユーザーは、特定の構成だけでなく、重量、フロア面積、騒音レベルなどさまざまな環境的要因を判断し、AC電源と冷却...
  • コミットを発行した後にFLAREコードをアップグレードすると、デュアルSPが再起動される場合がある

    製品: CLARiXシリーズ   説明: コミットを発行した後にFLAREコードをアップグレードすると、デュアルSPが再起動される場合があります。  コミットが失敗し、チェック条件  PSM_BUGCHECK_DATA_AREA_ACCESS_TIMER_EXCEEDEDが生成されます。   NDU(無停止アップグレード)中にシンLUNの障害が発生します。   以下に説明...
  • MirrorViewで必要となる回線帯域のサイジングの考え方

    製品: VNXシリーズ、CLARiXシリーズ   説明: MirrorViewで必要となる回線帯域のサイジングの考え方   解決策: MirrorViewに関しては、以下の二つのシーンを考慮する必要があります。   1. 通常時の同期 2. Fracture後の再同期 ※ 日々の運用でFractureをする場合に検討が必要   MirrorView/SとMirrorView/Aに...
  • FAST VPとFAST Cacheの機能の比較

    製品: VNXシリーズ CLARiX CX4シリーズ   説明: FAST VPとFAST Cacheの機能の比較。   解決策: 次の表は、FAST VPの機能とFAST Cacheの機能を比較しています。   FAST CacheFAST VPフラッシュドライブをストレージシステムが所有しているキャッシングの容量拡張に用いるストレージ内の複数階層(Tiers)の同時利用を可能とし、(...
  • LUNZもしくはゴーストLUNに関する簡単な説明

    製品: CLARiX AXシリーズ、CLARiX CXシリーズ   説明: デバイスが提示されない場合、iSCSIを介してCLARiXアレイはLUNZ(ゴーストLUN)を提示します。   解決策: LUNZは、アレイにバインドされているLUNがない場合にホストOSとPowerPathからそのアレイが見えるようにするため、CLARiXアレイに実装されました。直接接続構成を使用しており、IP経由でアレ...
  • CLARiXアレイの電源を交換する正しい手順

    製品:   CLARiX CXシリーズおよびVNX   説明:   パワーサプライを取り外しますと、エンクロージャ内のすべてのディスクの電源がオフになりました。 イベント ログに次のようなエントリーが記録されています。 904 VSC Shutdown/Removed a25 Enclosure state change [ok->degrading] 903 Fan Shutdown/Re...
  • Access Logixの機能と有効化/無効化する方法

    製品: AXシリーズ CXシリーズ CX3シリーズ CX4シリーズ   説明: CLARiXの「LUNマスキング」について話すとき、通常はAccess Logixのことを指します。Access Logixテクノロジーでは、データへのアクセスをホスト単位で制御することにより、ストレージ・システムのビューをホストごとに個別に表示することが可能となります。   解決策: Access Logixは特定...
  • UnisphereでAnalyzerを起動する方法

    製品: Unisphere FLAREリリース30   説明: データ・ログ画面がグレー表示になります。 UnisphereがCelerra Control StationのIP経由で開始された場合、UnisphereソフトウェアによりAnalyzerデータ・ロギングへのアクセスが許可されません。   解決策: CLARiX SP(ストレージ・プロセッサ)のIPを、Unisphereの開始/起動時...
  • シングル・イニシエータ・ゾーニングのベスト・プラクティス

    製品:   CLARiX CXシリーズ   説明:   SPポートの障害発生時にサーバ上の各HBAを各SPの2つのポートにゾーニングする手順   解決策:                     &nbs...