Dell COO(最高執行責任者)兼APJスペシャリティ セールス担当バイスプレジデント

ドミトリ チェン(Dmitri Chen)

 

Gartner社が発表した2018年のCIOアジェンダ調査レポートによると、95%ものCIOが自分たちの仕事はデジタル化によって変化または「リミックス」されると考えています。CIOには変化をリードする存在になることがますます重要視されていますが、これは幅広い新たな責任を負うとともに、重点を置く分野を従来のITの提供から切り替えることによって実現されるでしょう。

 

今、CIOの役割は大きく変容しつつあります。

 

誰もが知っているように、今日のCIOにはシステムのユーザーおよび生成されるデータを含め、テクノロジー環境に対する包括的な視点を全社規模で周知する以上のことが求められています。CIOは社内のITエコシステム全体を通じて人、プロセス、アプリケーションを監督することで、エコシステム全体からの集合的なアウトプットがビジネス ゴールをサポートし、必要な情報を提供できるようにしなければなりません。IT部門が社内のどの部門からも独立してバックエンドのサポートを提供していた時代はもう終わりました。

 

ポリシーおよびプラクティスの策定、プランニング、予算、リソース調達、トレーニングを含むITインフラストラクチャーの管理に加え、CIOには収益の増加とビジネス変革に貢献することが期待されています。テクノロジーを中核に据えた現在の企業環境において、CIOの位置づけは自社および顧客により良い成果をもたらす活動を促進し、実現するというところにあります。

 

こうした状況の中で、今日のモダンなCIOには成功する上で身につけておくべき3つの基本的な属性があります。

 

1. 促進・円滑化

今日のCIOはコミュニケーター、コラボレーター、イネーブラー、仲介者、世話役などの役割を担っています。CIOにはテクノロジーの導入とリーダーシップにおいて一貫性、ガイダンス、先見的な思考が求められ、社内全体を通じてビジネスに根づいた正当性の説明をし、アドバイスすることが期待されています。会社の利害関係者への基本的なアカウンタビリティー(説明責任)はもとより、CIOは自社の最新製品とサービスの提供と範囲を常に向上させていくために、開発者、データサイエンティスト、他のITスペシャリスト間の対話を促進する必要があります。

 

以前のCIOはテクノロジーの提供を管理することに主に力を注いでいましたが、今日のCIOはイノベーションの導入と動機づけによって自社の能力の幅をさらに広げていくことにより大きな重点を置いています。

 

2. スキルの開発と人材の保持 

デジタル トランスフォーメーションの成功に必要なのは、テクノロジーだけではありません。これらのテクノロジーを利用する人材のスキルアップ、またこれと並行してプロセスの改革を進めることで、これらのトランスフォーメーションを完成させることができるとともに、製品やサービスの市場展開までに要する期間のスピードアップ、新たな収益を創出するビジネスモデル、組織全体の効率向上を実現することが可能になります。例えば、デジタル化がもたらすメリットへの理解が進むのに伴い、CIOチームはコンサルタントとイネーブルメントの両方に対するニーズの高まりに直面することになるでしょう。このような状況の中、CIOチームはシステムとアプリケーションだけではなく、自らが属しているチームの幅広いニーズとビジネス上の優先事項もよく理解していなければなりません。

 

他にも、企業は導入する最新のテクノロジーについて、すべての従業員にトレーニングを実施して生産性を発揮できるようにすることをCIOに期待しています。また、成功に必要なツールを利用できなければ、チームメンバーからはすぐに不満が出てくるでしょう。CIOは、周囲の声に耳を傾け、ユーザー エクスペリエンスに焦点を当てながら必要なエンパワメントに重点を置くことで、優秀な人材を獲得・保持しながら最大限の生産性を引き出すことができます。

 

3. 評価

デジタル トランスフォーメーションの進捗についてCIOが評価される中で、プロジェクトの成功を評価、ベンチマーク、再現する能力は欠かせません。当然、これには一連の明確なKPIを規定して、定期的に徹底的な評価を実行することが含まれます。このような評価によって、トランスフォーメーションのプロセスをリアルタイムに確認・把握しながら、タイムリーに軌道修正していくことができます。

 

CIOは、常に自社の「デジタルの健康状態」(デジタル チャネルでどれくらいの収益を創出できているか?社内の各部門がデジタル イニシアチブに貢献できているか?)に注意を払い、把握していなければなりません。新規顧客の関心を引きつけるとともに、幅広いタッチポイントを通じてカスタマー エクスペリエンスへの満足度を高めているか(また、満足度の向上に伴い購買行動が変化しているか)? 新製品を市場投入するまでの所要期間を短縮できているか? デジタル製品とサービスから新たな収益の流れが生まれているか?

 

このようなビジネス基準の評価は、現在の投資と今後の投資の正当性をCEOおよび役員会に説明する上で欠かせない要素です。また、より重点を置くべき領域に対して、必要なインサイトも提供しなければなりません。企業はCIOに、このような全体像を描き出すとともに、全社規模のデジタル トランスフォーメーション イニシアチブがもたらす価値をわかりやすく、明確に伝えることを期待しています。

 

そして、祝福されるべき、変革を実現するCIOが誕生します ―― 人材の育成、イノベーションの推進、新たな収益源の獲得、社内外の顧客の能力を高めるプラットフォームの構築などをミッションとする、企業にとって真の「MVP」となる存在です。このようなCIOは、私たちすべてにとっての要となります。

 

https://community.emc.com/community/connect/anz/blog/2018/12/05/three-key-skills-that-will-define-a-successful-modern-cio?author=2018/04 (英語オリジナル)