実はこの日の座談会、ゲリラ豪雨で会場周辺はものすごい雨。ホスト役であるayasは遅れちゃいけないと、借り物の一眼レフを大事に抱いて豪雨の中では無意味な傘をさし、結局到着した時は靴はぐちょぐちょしかもレストランは靴を脱ぐスタイル。。床に濡れた足跡ついてる!

Geek Girls はきっと遅れるだろうななんて思っていたけれど、(こんな日に設定して申し訳ない・・・)3人とも5分のずれなく到着。さすが現場のプロは時間に正確!

 

男より電磁波!(第一話参照)なGeek Girls(技術にたけた女の子の意味)達は昼夜構わず発生する作業の中どんなプライベートをもっているのか、女を忘れないために何をしているのか。

 

Sigrid_NW_EMCさんはSayano さんはA 、 mdkさんはM で略します。)

 


「化粧よりネイル!

ayas   : ズバリ、ストレス解消法は?GG2.JPG.jpg

S          :Twitter ! 愚にもつかない事を延々とつぶやいてストレス解消!

A          :確かにストレスコントロールを如何にうまくやるか、

が仕事を続けるうえで大切!

M          :おいしいもの食べて飲んで文句吐き出して、女って吐き出すことでストレス解消になる!

S          :男はどっちかっていうとうちに込めちゃうよね。

だからぽきって折れたりする。

A          :そうそう、女は太くしなやかに!って。ネイルをするのもきれいな爪だと所作が美しくなるからだし、きれいな爪でコマンド発行って素敵。

S          :梱包開ける時とかも丁寧にやったりしてね。

M          :わたしは、化粧しても自分じゃ見えないけどネイルなら自分で見える!だからやってる!

化粧は誰かさんのため、になってしまう。

S          :確かに女を前面に出してできる仕事じゃないけど、たまの笑顔って個性としてはアリだよね。

A          :まさしくその通り、女としての魅力をある程度使うってのは個性だし才能だと思う。

S          :しかもITの男ってきちんと仕事してるかしてないか、そういう根っこはちゃんと見てる。だから色仕掛けってのは通用しない!

 

 

GG8.JPG.jpgGG5.JPG.jpg

GG3.JPG.jpg

仕事で大切なこと・・・

ayas   :では仕事をするうえで大切な事って?

S          :SEであれば『なぜなぜクン』であることが最も大切だと思う。障害でもシステム構築でも論理を組み立てていくことが好きな人がSEに向いてる・・誰得?じゃなく、私がやりたいから。っていう『いたずらっ子』要素もすごく必要。

A          :障害を乗り越えるほどに強くなる、それを楽しむ力と仲間を持っていること、だと思う。私が今まで本気でこの業界から足を洗いたいって思わなかったのは仲間がいたから!

M          :確かに、どんなにお客様にけちょんけちょんにされても慰め合える仲間って必要。贅沢言えば、直した後にそういうお客様からの『ありがとう』の一言で『こ れからもがんばっていこう』っていう気持ちにもなるんだけど・・・・。サポートはMっ気も必要かもなあ。

S          :そして相手が自分とは違う事、っていう前提で対応する、、これも大事!そうしないとコミュニケーションとかがおろそかになる。

Twitter でも自分と他人の区別ができないとすぐ喧嘩が始まる。

M          :そしてキラキラのジェルネイルでコマンド実行!

S          :案外ジェルネイルしてた方がラッキングの時に爪も守られるしね!ジェルネイルは実用も兼ねてる。

A          :女であることを思い出させてくれるのがネイルだな。

 

GG7.JPG.jpg

「休みの日は経費精算」

ayas   :でもいつでも仕事ってわけじゃないでしょ?

S          :もちろん作業が無い日とか、お休みの日はあるけど。

A          :そういう日は経費精算とかの雑務をやる日!

S          :そうそう!調べ切れてなかった事とかをゆっくりやったり、自分にアサインされてる仕事を方付けたり。。

M          :現場にいるとそういう仕事はすべて後回しになるもんね。

現場行っていたころは休日出勤してたまった雑務をこなしてたこともあったなあ。

S          :フォーラムに書き込みしてみたりね。

 

 

「ムシ君(バグ)との出会い・・・・

ayas   : なるほどそういう時に書き込みしてくれたり回答入れてくれたりもするんですね!嬉しいなあ!

A          :私はわからない事は障害じゃなければフォーラムに書き込みなさい! っていう。でもそればっかりやってたから今は

『これもフォーラムに書いてもいいですよね。』って。『これSRでエスカレーションしていいですよね』じゃなくて。

S          :私は後輩に『わからない事はちゃんとドキュメント見て調べなさい』っていったとき

『EMCのホワイトペッパーをちゃんと読んで確認しました!』って胸張られちゃったよ。White pepper→White Paper?って!

A          :白コショウじゃなくて白い紙でしょ、ホワイトペーパーは!でもよくあるそういう取り違い。かわいい後輩だねえ。

M          :確かにSR作成してサポートに問い合わせるのは『障害』=壊れたものを直すことがメインだから。わからない仕様とかはフォーラムかホワイトペーパーとかの資料を調べるしかないよね。

S          :逆に今じゃフォーラムがきっかけでムシ君発見とかもあるし!

A          :そうそう!この間もそんなことがあった!それにマルチプロダクトだったりするとフォーラムに書いたほうが便利なときもある!

 

GG6.JPG.jpg「ボルティングを知らない若い世代・・・・

ayas     :もう時代はシングルプロダクトではないってこと?

A          :うちの会社もストレージだけ、とかサーバーだけ、といった考えはもうないみたい。だからこそハイパーコンバージドとかの複合プロダクトを如何にうまくお客様の既 存環境に浸透させていくのか、同業者とうまく連携できるか、そんなところに力を入れてる。私自身シングルプロダクトだけを扱っていたらシステムインテ グレーターとしての未来はないと思っているし。

しかも物理から仮想化へ・・・ってのが主流なので今のSE1年2年生ってのはラッキングやボルティングとかもしたことが無かったりする。

S          :近い将来自分たちのシステムにデータを持つお客様ってのはどんどん少なくなっていくでしょうね。でもそれって安いようで実はロングスパンで考えると結構費用が掛かること、にまだまだ気が付いてないお客様ってのは多いと思うな。

A          :そういったところも含めてそのお客様に何がベストなのか。それぞれのお客様で求めているものは違うから。

あったものを提供するのが役目だろうなと。

S          :高価でハイスペックなものを使えばいい、ってわけじゃなく、要所でVNXeとかを取り入れてコスト削減、とかね!ドバイとか超バブル貿易国で物流システムはVNXe使ってたり。そういうところってすごく外国はシビアだし冷静だと思う。お金かけるところとかけないところをスパッときる。切り替えがうまい。

 

・・・・とここで店員さんから閉店のさりげないプッシュで座談会はお開きに・・・・・話したりなーい!

 

 

(聞き手、写真: ayas)

 

バックナンバー

【Geek Girls】 第1弾:IT - いつもテンパってる!

【Geek Girls】第3弾:ITと自衛隊

【Geek Girls】第4弾:女子力