Find Communities by: Category | Product

【全6回シリーズ1/6 新時代のデータ保護】

 

Dell EMC EMCジャパン株式会社 DPS事業本部 事業推進部 

シニア ビジネス ディベロップメント マネージャー

西頼大樹

 

2017年10月に公開された「ブレードランナー 2049」という映画では、全世界の電子データが喪失、または破壊されてしまった世界が描かれていました。そのため主人公は、わずかに残されたデータをもとに仕事をしなくてはいけません。

 

現実の世界ではまだ幸いにもこのような大規模なデータ損失は起きていません。しかし企業や組織単位で見てみると、データがしっかりと保護されていないため、有事の際、適切な過去データを探し出すことができず、ビジネスが遅滞してしまった、あるいは、監査などへの対応が大幅に遅れてしまった、ということは、残念ながらそれほど珍しいことではありません。

 

ある時点で、どのデータが、ビジネスやサービスを提供する上で最適かを把握することは、業務を遂行する上できわめて基本的ですが、最も重要な問題です。災害、大規模なシステム障害、セキュリティ侵害などデータ損失の原因は様々ありますが、万一データ損失が発生したときも、顧客への影響が最小または無い適切なデータを使ってすぐにビジネスを再開できる、ということが、企業や組織にとっての信用に大きく影響します。

 

そのために、現代の企業や組織では、デジタルデータのバックアップ作業が欠かせません。日常業務に利用する資料用のデータからWebコンテンツデータ、そして販売実績などの財務データ、利益の根幹をなす情報資産データ(開発情報、設計図面、等々)、顧客データ、データベースシステムに記録された最新データなど、保存しておかなくてはならないデジタルデータは、種類、量ともに年々増加の一途をたどっています。

 

また、昨今システムの仮想化が常識となってきました。仮想化は、ITのビジネス対応を促進し、モバイル活用などにも欠かせないソリューションとなっていますが、バックアップデータの容量を飛躍的に増加させる一因ともなっています。仮想マシンや、そこから生成されるデジタルデータの増加によってバックアップの時間が大幅に延び、業務にも支障が出ることが増えてきた企業も散見されるようになったため、バックアップ問題の解決が急がれるようになっています。

 

●バックアップ専用ストレージとして高い評価を持つDell EMC Data Domain

 

このような時代におけるバックアップの課題は、時間とコストです。

 

年ごとのデータ増加量の伸び率から、バックアップに必要な時間とそれに必要なストレージやネットワークなどのコストを換算すると、数年先には今のシステムの状況では現実的な対応ができない、という企業がここ数年大幅に増えてきました。

 

このようなことを背景に、Dell EMC Data Domain(DD)は開発されました。DDは、高い重複排除能力を搭載したバックアップ専用ストレージで、既存のバックアップ環境を変更することなく導入できる製品です。

 

重複排除機能とは、事前に対象データの重複部分を判定し、重複しないユニークな部分しか実データとして扱わない圧縮技術です。そのため、バックアップのデータ量を平均10分の1から30分の1程度に低減できます。これにより、バックアップに必要な時間もストレージやネットワークなどのコストも両方節約ができるのです。

 

DDは発売以来、多くのお客様から支持されてきました。その理由は、データ保護のスペシャリストであるDell EMCならではの技術が投入されているからです。例えば、重複排除機能1つとっても「可変長ブロック単位」を採用し、より多くの重複部分を探し出すことを可能にしています。また、独自ソフトウェア(DDBoost)によって、アプリケーション側にて、重複部分を探し出す機能を分散させることで、より迅速に処理できるようにしています。

 

また、DDをお使いのお客様からは、レプリケーションを簡単に設定でき、正確に実行できるという評価をいただいています。自動でデータ転送することはもちろん、複数のDD、複数のクライアントからレプリケーションされたデータをまとめて重複排除することができるので、レプリケーション先で集約保管するバックアップデータの容量をさらに少なくすることが可能です。また、回線の帯域制御機能によって、最適な方法でデータ転送を実施することができるため、他の業務に支障をきたすということも避けられます。

 

●これまでにない機能を追加したDD3300

EMCは2015年、「Dell EMC」として再スタートを切ることになりました。そして2018年3月、DDのラインアップに「Data Domain DD3300」(DD3300)が加わることになりました。

DD1.png

 

DD2.png

※DDシリーズのラインアップ(2018年5月現在)

DD3.png

※DD3300とDD2200との性能比較

 

 

 

DD3300は、現DDラインアップの最小モデルであるDD2200と同じエントリーモデルに位置付けられます。4TB、16TB、32TBの3つの導入オプションが用意され、中堅企業や大企業の拠点で利用しやすい価格に設定されています。

 

DD3300は、前述してきました機能を継承したうえで、よりユーザー本位の機能を追加しています。大きな変化はクラウド対応です。

DD4.png

※ITにおけるクラウドの動向

 

昨今、多くの企業でバックアップデータ用途にパブリッククラウドサービスを利用するという方法が採られるようになってきました。そこでDD3300でも、レプリケーション先や長期保管データの階層化先などにクラウドを要望されても対応できるようにしたのです。これにより、事前設定に基づき、自動的にクラウドをバックアップ目的で活用することができ、また、高い重複排除機能により、クラウド保管に必要なクラウドストレージコストを抑え、データをリストアする場合も迅速かつ低コストで実行することができます。

 

とりわけバックアップにクラウドを利用するというのは、利用頻度の少なくなった過去のデータを長期保管したいというニーズが多いですが、災害対策(DR)に利用するという目的もあるでしょう。いずれにせよ、クラウドを利用する場合でも、データ量が増加すれば、コストはかさんできます。従って、保存するデータは少なければ少ないほうがいい。DD3300は、ユーザーのクラウドコストを最小限にするという意味でも、大きなメリットを提供できます。

 

DD5.png

※クラウド対応の概要

 

Dell EMCでは、2017年にクラウド連携型災害対策ソリューションData Domain Cloud DRを発表しました。このソリューションは、オンプレミス上のVMware仮想マシンを、AWSのEC2インスタンスへ自動的に変換し、立ち上げる仕組みを持っています。DD3300は、エントリーモデルながら、Data Domain Cloud DRを実装しているため、クラウドを活用した災害対策が可能となりました。

 

もちろん、DD3300同士でレプリケーションを行うことも可能です。従って、日常のバックアップと遠隔地保管はオンプレミスで実施し、万が一の事態にも対応できるよう、DR対策としてクラウドも効率的に利用するという体制を組めます。

 

●最高レベルの費用対効果を提供しデータ保護の課題を解決

 

DD3300の魅力はこれだけではありません。DD3300はハードウェアとして優れた面を持っています。

DD3300は、Dellで培われた技術を移植した、DDラインアップ初の“Dell EMC”モデルです。Dellは、PowerEdgeに代表されるサーバプラットフォームの開発を長年行っており、DD3300にはそのノウハウがふんだんに投入されています。その技術・ノウハウを活かし、性能を最大限発揮できるよう設計され、2Uの小型堅牢な製品に仕上げました。

また同時にセットアップ作業の簡素化も実施。どの程度簡単なのか、それは以下をご覧いただくことでお分かりいただけると思います;

・Data Domain DD3300 初期設定

 

・Data Domain DD3300 セットアップの仕上げとカスタマイズ

DD6.png

※ハードウェアとしてのDD3300の魅力

 

製品内部もDellサーバプラットフォームの代名詞とも言える、これまでにない洗練された作りとなっており、従来のDDユーザーのお客様が内部を見られると、その変貌ぶりに驚かれるであろう改良が数多く施されています。まだ、実物に触れていないのであれば、ぜひ手に取ってごらんになることをお勧めします。

 

このように様々な新しい取り組みによって開発されたDD3300は、7.0TB/時(DD Boost 使用時)という従来の1.5倍の性能と、クラウド活用時の最大論理容量が最大4.8PBという拡張性を実現しました。

 

ここまでご説明してきたことを踏まえると、DD3300は、エントリーモデルのストレージアプライアンスとして、歴代のDDラインアップと比べ、一線を画すモデルだということがお分かりになると思います。まさにDD3300は、EMCとDellそれぞれのDNAの良い部分を融合させた製品なのです。

 

データ保護におけるバックアップの重要性は、中規模企業のお客様や大組織の各拠点のご担当者様にとっては新しい課題です。まさか自分の会社やチームでそのような問題が起きるとは予想もしていなかった、ということがほとんどでしょう。限られた予算の中で、いかにしてこの課題を解決していくのか、そうしたミッションに取り組む上で、DD3300は大きな援軍となるはずです。

 

 

 

 

【シリーズ:新時代のデータ保護】

1回:DellEMCDNAを融合させたData Domainシリーズの最新版「Data Domain DD3300」の魅力とは?

2回:最新のデータ保護アーキテクチャを適正なコストで構築するための秘訣

3回:今後、データ保護ルールの新デファクトスタンダードになる可能性もあるEU一般データ保護規則(GDPR)

4回:サイバー対策の最新トレンド「サイバー復旧」とは何か?

5回:近日公開予定

6回:近日公開予定

私が所属しているUDS事業本部(旧アイシロン事業本部)は、Unstructured Data Solutionsが英語表記での正式名称でして名称のとおり非構造化データ(ファイル、オブジェクト、ストリームデータ)を中心としたソリューションを扱っております。今回は非構造化データの中でもニーズが増えているオブジェクトストレージ DellEMC Elastic Cloud Storage(ECS)についてご紹介します。

いつものように、簡単にECSの概要をご紹介して、後半でECS Community Edition(無償版のECS)をセットアップしていきたいと思います。

ECS.png

 

 

Elastic Cloud Storage (ECS)

DellEMCのオブジェクトストレージの歴史は古く2002年リリースのCenteraから始まります。その後Atmosを経て2014年にECSをリリースいたしました。Centeraがリリースされた当初は長期保管データ(アーカイブ)用ストレージとして利用されることが多かったですが3世代目であるECSでは時代の変遷に伴い各種機能を実装した結果、コンテンツのグローバル共有ストレージ、モバイルアプリケーション用ストレージ、ビッグデータやIoTでの大量な解析データ(データレイク)用ストレージとしても利用されるようになりました。

また、DellEMCのIsilonやDataDomainを始め3rd Party製品との連携ができますので様々な製品のバックエンドのストレージとして利用されることも増えてきております。

ecosystem.png

                   ECSのエコシステム

 

 

スケールアウト型のアーキテクチャやサポートしているプロトコルなどECSとIsilonで共通している部分は多いですがECSとIsilonは以下のような違いがあります。

なお、両製品ともに市場から大きな評価を得ており、ガートナー社のマジック・クアドラントにおいてECSとIsilonはビジョンの完全性と実行能力におけるリーダーに位置付けられています。(分散ファイル システムおよびオブジェクト ストレージのマジック・クアドラント

ECSIsilon
ストレージアーキテクチャスケールアウトオブジェクト

スケールアウトNAS

データアクセス

オブジェクト(S3、Swift、Atmos、CAS)

HDFS、NFS、SMB(CIFS-ECS Tool)

ファイル(SMB、NFS)

HDFS、Swift、FTP、HTTP

トポロジ

サイトを跨ったアクティブ/アクティブ

構成が可能(最大8サイト)、グローバルネームスペース

サイト間でアクティブ/パッシブ構成(基本2サイト)

※カスケードレプリケーションより複数サイト構成も可能

主なユースケースモダンアプリケーション、アーカイブ、データレイク大規模NAS、データレイク、アーカイブ

 

 

 

ECSのセットアップ

ECS Community EditionはGitHubにて無償で公開されておりSource版とOVA版があります。今回はOVA版を使ってセットアップしていきます。なお、ECS Community Editionはこちらからダウンロードください。(DellEMC ECS Software Download現時点では、2018年3月にリリースされたECS 3.2が最新となります。

 

環境準備

ECS Community Editionを評価いただく際に必要な環境は下記となります。ECS Community Editionの仮想マシンを稼働させるためのvSphere ESXとvCenter Server、ECSにアクセスするS3クライアント(S3 BrowserやCyberduck、CloudBerry Explorerなど。今回はS3 Browserを使います)をご用意ください。

env_ecsce.png

ECSは分散ストレージですので本来複数ノード必要となります。ECSのデフォルトのイレイジャーコーディングは、12+4(データ+コーディング)となり最低4ノード必要となりますが、今回は機能検証が目的のため1ノードで構成します。なお、ECS Community Editionでも簡単に複数ノード構成を試していただくことが出来ますが、仮想マシン1台につき下記リソースが必要となります。

コンポーネント最小要件
CPU4
メモリ16 GB
ハードディスク1(システム用)16 GB
ハードディスク2(データ用)104 GB

 

 

ECS Community EditionのOVAファイルのデプロイ

1. vSphere Web Clientを使用してOVAファイルをデプロイします。ファイルメニューの「OVFテンプレートのデプロイ」からダウンロードしたOVAファイル(dellemc-ecsce-3.2.0.0-install-node-2.7.0-vm0.ova)を選択し登録していきます。

2. OVAのデプロイ後、仮想マシンの「設定の編集」を開きメモリを16GBに変更します。(初期状態は2GB)

ecsce_prop.png

 

 

ECS Community Editionの設定

1. 仮想マシンの電源を投入してコンソールに入ります。ユーザ名はadmin、パスワードはChangeMeでログインします。なお、以後コマンドを実行していきますので必要に応じてroot権限(sudo)で実行してください。なお、ECS Community EditionはAnsibleで簡単に設定できるようになっていますのでコマンド数回の実行でセットアップが完了します。

 

2. nmcli(もしくはnmtui)でネットワークの設定を行います。OVA版はens32がネットワークアダプタ1となります。ホスト名は、この後のセットアップで設定しますのでデフォルト(localhost)のままで問題ありません。

[admin@localhost ~]$ nmcli c mod ens32 ipv4.addresses <IPアドレス>

[admin@localhost ~]$ nmcli c mod ens32 ipv4.gateway <Gateway IP>

[admin@localhost ~]$ nmcli c mod ens32 ipv4.dns <DNS IP>

[admin@localhost ~]$ nmcli c mod ens32 ipv4.method manual

[admin@localhost ~]$ nmcli c mod ens32 connection.autoconnect yes

[admin@localhost ~]$ nmcli c up ens32

必須ではありませんが、このタイミングでvSphereのコンソールから抜けてsshで接続します。


3. fdiskでハードディスク1とハードディスク2を確認します。ハードディスク2は104GBに設定されていますので容量から下記の赤字(/dev/sdb)がハードディスク2であることが確認できます。(104*1024*1024*1024=111669149696 bytes)

[admin@localhost ~]$ sudo fdisk -l

[sudo] password for admin:


Disk /dev/sdb: 111.7 GB, 111669149696 bytes, 218103808 sectors

Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes

Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes

I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes



Disk /dev/sda: 17.2 GB, 17179869184 bytes, 33554432 sectors

Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes

Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes

I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes

Disk label type: dos

Disk identifier: 0x0009563f


   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System

/dev/sda1   *        2048     2099199     1048576   83  Linux

/dev/sda2         2099200    33554431    15727616   8e  Linux LVM


Disk /dev/mapper/cl-root: 14.4 GB, 14382268416 bytes, 28090368 sectors

Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes

Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes

I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes



Disk /dev/mapper/cl-swap: 1719 MB, 1719664640 bytes, 3358720 sectors

Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes

Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes

I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes

 

4. videployコマンドでdeploy.ymlを編集していきます。なお、videployやこの後使用するコマンドは/home/admin/bin配下に存在しており既にパスが通っております。

[admin@localhost ~]$ videploy

 

5. 下記deploy.ymlの赤字部分を編集します。

~8行目~

licensing:

  license_accepted: true

trueに変更することで使用許諾に同意したことになります。

 

~31行目~

  install_node: <IPアドレスまたはホスト名>

インストールを実行するノードのIPアドレスまたはホスト名を入力します。


~64行目~

  node_defaults:

    dns_domain: isilonian.local

    dns_servers:

      - DNSサーバのアドレス>

    ntp_servers:

      - <NTPサーバのアドレス>

DNSサーバおよびNTPサーバの情報を入力します。


~97行目~

  storage_pool_defaults:

    is_cold_storage_enabled: false

    is_protected: false

    description: Default storage pool description

    ecs_block_devices:

      - /dev/sdb

fdiskで確認したハードディスク2のデバイス名に変更します。


~106行目~

  storage_pools:

    - name: sp1

      members:

        - <IPアドレスもしくはホスト名>

      options:

        is_protected: false

        is_cold_storage_enabled: false

        description: My First SP

        ecs_block_devices:

          - /dev/sdb

membersにセットアップするノードのIPアドレスもしくはホスト名(複数台の場合は改行して入力)、ecs_block_devicesはfdiskで確認したハードディスク2のデバイス名に変更します。

 

6. deploy.ymlの編集が終了したら:wq!で保存して編集モードから抜けます。

 

7. ova-step1を実行します。

[admin@localhost ~]$ ova-step1

 

8. ova-step2を実行します。

[admin@localhost ~]$ ova-step2

 

以上で、ECS Community Editionのセットアップは完了です。

ECS Community Editionでは、ova-step1を実行するとホスト名は自動的に付与されますので1台目はlunaとなります。(余談ですが、2台目からはphobos、deimos、io、europa、ganymede、callisto、amaltheaと衛星が続きます。それ以上知りたい場合は、https://github.com/EMCECS/ECS-CommunityEdition/blob/master/ui/etc/autonames.ymlを参照ください

 

 

ECS PortalへのログインとBucketの作成

1. ブラウザで、https://<ECSのIPアドレスまたはホスト名>にアクセスします。ユーザ名はroot、パスワードはChangeMeでログインします。

ECS_login.png

 

2. ログイン後にパスワードを変更するように促されますので新しいパスワードに変更します。

ChangeMe.png

 

3. 再度ログインするとGETTING STARTED TASK CHECKLISTが表示されますので、「No thanks, I'll get started on my own」を選択してDashboardに移動します。

Getting_Started.png

 

4. Dashboardに表示されている内容をひと通り確認します。

ECS_Dashboard1.png

 

5. 続いてBucketを作成していきます。「Manage」から「Buckets」を選択してBucketを作成します。今回は「Bucket Name」にbk1、「Bucket Owner」にobject_user1を入力します。入力後、「Next >」で進みデフォルトのまま「Save」して終了します。

Create_Bucket.png

 

6. bk1というBucketが作成されたことを確認します。

bk1_created.png

 

7. 次に、「Users」からobject_user1の行の「Edit」を選択し、「S3/Atmos」にある"Show Secret Key"のチェックボックスをチェックします。Secret Keyに表示されている内容をコピーします。(デフォルトはChangeMeChangeMeChangeMeChangeMeChangeMeです)

Users_SecretKey.png

 

 

 

S3クライアントからのファイルアップロード

1. S3 Browserを起動して「Accounts」から「 Add New Account」を選択し以下のように登録します。

 ・Account Name:ECS

 ・Account Type:S3 Compatible Storage

 ・REST Endpoint:<IPアドレスもしくはホスト名:9021>

 ・Signature Version:Signature V2

 ・Access Key ID:object_user1

 ・Secret Access Key:ChangeMeChangeMeChangeMeChangeMeChangeMe(ECS Portalのobject_user1からコピーしたSecret Key)

S3B_setup.png

 

2. 「Upload」からファイルを選択しアップロードします。

S3_browser_uploading.png

 

 

3. 書き込み後にECS PortalのDashboardを確認します。

ECS_Dashboard.png

 

 

 

おまけ

DellEMCのサポートアカウントをお持ちの場合はCIFS-ECS Toolがダウンロードできます。CIFS-ECS ToolをWindowsにインストールすることでECSをローカルストレージのように利用することが可能です。

CIFSECS.JPG.jpg

 

 

 

参考情報

DellEMC ECS Software Download

ECS Community Edition OVA Installation(GitHub)

分散ファイル システムおよびオブジェクト ストレージのMagic Quadrant

Elastic Cloud Storage データシート

ECS Overview and Architecture

 

 

 

バックナンバー

IsilonianTech 第1回 Isilonとオープンソース ~REX-Ray編~

IsilonianTech 第2回 Isilonとオープンソース ~OpenStack Manila編~

IsilonianTech 第3回 Isilonとオープンソース ~Isilon Data Insights Connector~

IsilonianTech 第4回 Software Defined Storage ~IsilonSD Edge~

IsilonianTech 第5回 Isilonとオープンソース ~Isilon-POSH~

IsilonianTech 第6回 Isilonとオープンソース ~Elastic Stack編~

IsilonianTech 第7回 Isilonとデータアナリティクス ~Cloudera編~

IsilonianTech 第8回 Elastic Cloud Storage (ECS) ~ECS Community Edition~

IsilonianTech 第9回 ISILON + ECS = UNLIMITED ~Isilon CloudPools~

 

 

安井 謙治

Dell EMC Unstructured Data Solutions

UDS事業本部 SE

Filter Blog

By date:
By tag: