Find Communities by: Category | Product

2018年1月31日(水)にAzure Stackのセミナーを開催します。

 

今回は三井情報開発株式会社とPivotalジャパンの共催で実施し、各社のAzure Stackの取り組みやソリューションについて紹介する予定です。


将来のITを設計したり企業の戦略にどう活用できるのかなど、Azure Stackの適用領域や活用方法がわかるセッションで構成しています。参加費用は無料!是非とのご参加ください!! 


申し込みはこちらからどうぞ!

 

 

 

開催概要

日 時

2018/1/31(水) 14:30-17:00 (14:00受付開始)

会 場

御茶ノ水ソラシティ sola city Hall [EAST]

主 催

DELL EMC (EMCジャパン株式会社)

共 催

Pivotalジャパン株式会社 / 三井情報株式会社

対 象

-Azureへの移行やハイブリッドクラウド化を検討されているお客様

-既にAzureを使用している中で課題を抱えているお客様

*競合企業の方のご登録につきましては、原則参加はお断りさせていただきます。

費 用

無料(事前登録制)

定 員

100

 

告知サイト→ 【東京開催】『デジタル変革を加速する! Azure Stackでつくるハイブリッドクラウド』~統一されたハイブリッドクラウド運用で効率性とアプリ開発・展開のスピードを最大化する~|EventRegist(イベントレジスト)

 

 

アジェンダ

14:30-15:10

『デジタル変革を促進するAzureハイブリッドクラウド

~Azure Stackによるハイブリッドクラウドの融合がスピードと運用を変える』


EMCジャパン株式会社  クラウドプラットフォームスペシャリスト

吉田 尚壮

15:20-16:00

『Azureハイブリッドクラウドの本当の価値を引き出すPaaSの活用

~Cloud Foundry on Azure & Azure Stackがもたらすメリット』

 

Pivotalジャパン株式会社

16:10-16:50

『デジタルトランスフォーメーションを支える、ハイブリッドクラウドシナリオのご紹介』


三井情報株式会社

デジタルトランスフォーメーションセンター R&D部 研究開発室 

室長 青木 賢太郎

16:50-17:00

Q&A

こんにちはKUROです。

 

貧乏暇無しで、Blog Postは本当に久しぶりです。

 

飽きもせず、Brocade(Broadcom)ネタです。

 

FOSでシェルスクリプトを書いて、情報を取得されているかたもいらっしゃると思います。

例えば、

i=0

while [ ${i} -le 47 ]

do

echo "/***   Port ${i}   ***/"

portstatsshow -i {i} | grep ^er_[rt]x_c3_timeout

i=$( ${i}+1 )

done

みたいな感じで。

 

調べてみると、FOS 741dから、securityその他の理由より、if、for、while、echo等のコマンドが実行出来ないように変更されていることがわかりました。リリースノートにはこの記述は見当たりませんでした。

実際に上記のシェルを実行すると以下のエラーとなってしまいました。

6510:FID128:admin> i=0

6510:FID128:admin> while [ ${i} -le 47 ]

> do

> echo "/***   Port ${i}   ***/"

> portstatsshow -i ${i} | grep ^er_[rt]x_c3_timeout

> i=$(( ${i}+1 ))

> done

rbash: while/until: restricted

6510:FID128:admin>

 

ちょっと残念ですが、これも流れなんですね。。。

Filter Blog

By date:
By tag: